口臭の対策でうがいだけでできるのかと疑問に感じる人がいるかもしれません。何もしないより汚れを除去する効果があるとされています。少ない水を含んで口の中を行ったり来たりさせれば、それによって汚れを取ることができます。

歯磨きができないときにも手軽に行える

歯磨きをすることで、食後の歯のケアをすることができます。道具としては、歯ブラシと歯磨き粉があればできます。あと必要なのがゆすぐための水とゆすぐ水を捨てる洗面所などでしょう。さらにあるといいのが鏡です。いろいろ必要なものを挙げていくと、どこでもできないことがわかります。外出先で外食などをしたとき、他の人を置いて歯磨きをしてくるとは言いにくいこともあります。この時口臭の対策としてできるのがうがいです。水などの水分があれば誰でもどこでもできます。水を捨てないといけないような気がしますが、飲み物などで行うならそのまま飲んでしまっても問題ないです。まさにどこでもできます。

水を少し含んで行うのがコツになる

歯が汚い状態を維持すると、それが口臭の原因になることがあります。ですから何らかの対策をしないといけません。しかし、歯磨きを常に行えるわけではないでしょう。いつでもどこでも行える方法があると助かります。そこで取りたい対策としてあるのがうがいになります。歯ブラシなどの道具は必要なく、水分などがあれば簡単に行えます。コツとしては水を少し含む方法が良いとされます。水を多く含んでしまうと口の中で対流がうまく発生しません。少しの水であれば、細かく水を動かせるので、隙間まで水を入れることができます。これで食べ物のかすなどをきれいに取り除けば、においの元を取ることができます。

水だけでもいいしマウスウォッシュがあるとよりいい

歯磨き粉が販売されているところで見かける商品として、マウスウォッシュがあります。大きな容器に入れられていて、中身は水分のようです。使い方としては、口に含んでうがいをします。のどを洗浄する目的ではないので、口の中で水分を移動させて行うことになります。口臭の対策としては、水で行うのも良いですが、マウスウォッシュを使うのも良いかもしれません。マウスウォッシュは、洗浄成分が含まれています。これだけで歯磨きの効果が得られるわけではありませんが、殺菌効果が含まれるものもあります。基本的には洗い流す必要はなく、ブラッシングをするとより効果が出るとされています。

まとめ

外出先などでは、歯磨きをして口臭の対策をするのが難しくなります。この時にはうがいだけでもそれなりに効果を得ることができます。水だけでも効果がありますし、マウスウォッシュを使うとより効果的になるでしょう。