寝起きは一日の中で最も口臭がきになるタイミングだと感じている人は、少なくはないのではないでしょうか。しかししっかりとした対策をしておけば、寝起きの口臭は抑えることが可能となっていることを知って起きましょう。

寝る前にはしっかりと歯磨きをしておく

当然のことですが、歯磨きをおろそかにすると虫歯になるだけではなく口臭の原因にもなります。寝ている間が最も菌が繁殖することは確かであり、寝る前にしっかりと歯磨きをしておくことで菌の繁殖を抑えることが可能となります。もちろん歯磨きをいくらしても、菌はゼロになることはありません。しかし歯磨きをしっかりすることによって、最近数は大幅に減らすことができます。歯磨きをした後は、物を食べないのはもちろんのこと、甘いジュースやお酒などの飲み物も飲まないようにすることも、寝起きの口臭対策には大きな効果があると言えます。

朝には唾液腺をマッサージすると効果的

口臭がきつくなる原因の一つとなるのが、唾液の量が少ないことにあります。唾液の量を増やすためにも、マッサージをしてみるようにしましょう。顎の下には舌下腺、耳の前には耳下腺があり、そこに刺激を与えることで唾液の分泌量を増やすことができます。朝には唾液腺のマッサージをする習慣をつけておくようにしましょう。マッサージをすれば無理なく唾液を増やすことが可能となるので、口臭対策には大いに役立つことは間違いありません。朝に歯磨きをするときや洗顔をするときに、唾液腺をマッサージするように習慣づけることが大切です。

朝の歯磨きやマウスウォッシュについて

夜に寝る前にしっかりと歯磨きをしておくことにより、歯垢がそれほどたくさんつくということはありませんが、朝にはその後出かけるのでより臭いの対策はしておかなくてはなりません。そのためにも、朝には歯磨き粉を多めに使うなども効果的になってきます。歯磨き粉を少し多めに使って口の中全体を洗い流すように磨くと口臭を軽減させることができます。マウスウォッシュは持続的に口臭を抑えることはできず、マウスウォッシュの成分によって唾液によって洗い流されてしまうので、使いすぎは良くありません。しかし一時的な対策としては効果的となっています。

まとめ

口臭を感じた際には、しっかりと歯磨きをしてマッサージをすることで大きくニオイを抑えることが可能です。しかし根本的な解決は生活習慣が重要となってくるということは、頭に置いておくようにしなければなりません。