うがい薬として昔から愛用されているイソジンですが、実はイソジンに口臭を消す効果があると噂されていることをご存知でしょうか。ドラッグストアなどでよく見かけるお馴染みの薬ですが、イソジンで口臭対策が出来るのか、その真相を調べてみました。

そもそもイソジンうがい薬の成分は

イソジンのうがい薬には、いろいろな種類があります。原液が入っていて一定量の水で薄めて使うタイプのものや、薄めなくてもそのまま使えるもの、独特の臭いを改良したフルーティータイプなどがありますが、基本的な主成分は同じものになります。イソジンの有効成分はポピドンヨードというもので、効能・効果は殺菌消毒です。ヨードはヨウ素のドイツ語で、実は単体では劇薬にあたるほど強い作用のある薬です。ポピドンヨードは細菌や結核菌、ウィルスなどを殺す作用があり、病院で手術の際に消毒に使われる消毒剤にも含まれる成分。非常に強い成分なので、喉から侵入しようとする病原体を殺菌する高い効果があります。

実は効能・効果にも書かれている事実

冒頭で口臭を消すという噂があると書きましたが、実はこれ、イソジンうがい薬の効能・効果に明記されているれっきとした作用なのです。説明書きには「口臭の除去」と書かれていますので、口腔内の雑菌を殺菌することで、口臭を改善する効果はちゃんとあるのです。ただ、口の中の雑菌は多少殺菌したところですぐにまた繁殖し、元の状態に戻ってしまうことが分かっています。うがいをした直後は消すことが出来ても、時間と共にまた臭いが戻って来る可能性が高いことは認識しておきましょう。とあるブレスチェッカーでの実験では、うがいをしてから1時間ほどでまた数値が上がっています。

原因によってはうがいでは消せない臭いも

口臭対策の難しい点は、何が原因で起こっているかで対策が変わって来ることです。大きく分けると、臭いの原因には口腔内と内臓の2つがあり、イソジンは内蔵から来る臭いには対応出来ないことが分かっています。何か思い当たる食品を食べた場合は別ですが、内蔵から発生する臭いは胃や肝臓、肺などの不調が原因であり、口の中を殺菌しても対策にはなりません。もし、うがいをしてみて臭いに変わりがないようであれば、一度体内をチェックしてみたほうが良いかもしれませんね。ただ、臭いは様々な要因が絡んで起こりやすいので、まずは口の中だけでも対策するのは良いことでしょう。

まとめ

イソジンうがい薬には、口臭を除去する効能・効果があります。ただし、口腔内を殺菌することで一時的に臭いを消すものであり、口の中に原因が無い場合には対応出来ません。また、一度殺菌しても時間が経てば元に戻るので、定期的なケアが必要です。