親知らずは、一番奥の場所に生えているので、歯ブラシが届きにくく、歯石や歯垢が付きやすい傾向があります。歯科クリニックで、歯を取ることで、口臭を防いだり、歯周病を予防できます。抜歯をした後は、口腔内を清潔に保てます。

親知らずがあると、虫歯や歯周病になりやすい

20代から、40代ぐらいの人は、人と接する仕事をしている人が多く、会話をする時に、口臭が気になっている人が多いです。親知らずは通常の歯に比べると大きく、一番奥の場所に生えているので、歯ブラシが届きにくく、歯石や歯垢が付きやすい傾向があります。下の歯が斜めに生えていることが多いので、隣の歯が虫歯になったり、歯周病の原因になります。虫歯や歯周病などの歯の疾患があると、生臭い口臭の原因になってしまうので、なるべく若いうちに親知らずを取るほうが良いでしょう。抜歯は、高い技術が必要なので、信頼できる歯科医師が在籍をしているクリニックを選んで下さい。

抜歯後は、優しくお手入れして下さい

通常の永久歯であれば、歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使って、清潔を保つことができますが、親知らずはデンタル用品が、届きにくく、汚れが溜まりやすい傾向があります。抜歯をした後は、歯茎に多少の腫れが見られたり、穴が出来てしまうので、優しくお手入れをして下さい。口臭で悩んでいる人は、抜歯をすることで、改善するケースが多いです。経験豊富な医師に治療をしてもらうと、痛みを最小限に抑えてくれます。若い年代の人は、親知らずが無い人も増えていますが、口臭が気になる時は、歯科クリニックを受診して、歯垢や歯石の除去をしてもらいましょう。

親知らずを取ると、口腔内を清潔に保てます

虫歯が進行したり、歯周病などで、血や膿が出てくると、独特の臭いを発するので、コンプレックスを持たれている人がほとんどです。親知らずの治療を受けた直後は、麻酔が切れると痛みや頬の腫れが見られる場合がありますが、人と会う時は、マスクを着用するのもお勧めです。抜歯をした後は、抗炎症剤や、痛み止めを処方してくれるので、出された日数分は、きちんと服用することが大事です。親知らずを取り除くことで、口腔内を清潔に保てるようになるので、臭いを抑える効果があります。抜歯をした後は、定期的に通院をして、歯茎の状態をチェックしてもらいましょう。

まとめ

親知らずは、通常の歯に比べると大きく、奥の部分に生えているので、歯垢や歯石が溜まりやすく、口臭の原因になってしまいます。放置をすると、虫歯や歯周病の原因になるので、なるべく若いうちに抜歯をしたほうが良いでしょう。