歯磨きをすることで口臭の予防などができますが、その時にはフロスも併用しましょう。歯磨きでは磨けない歯と歯の間に入れて汚れを取ることができます。細かい汚れがにおいの原因になることがあり、それを取り除くことができます。

歯ブラシだけでは不十分なことがある

歯磨きをするとき、当然ながら歯ブラシを使います。最近はいろいろなタイプが出ています。なタイプもあれば、山切りカットされているものもあります。さらには手動のものと電動のものがあります。主導のものは手で動かしてブラッシングをしますが、電動タイプは細かい振動で磨けるようになっています。では歯ブラシを使えばきれいに汚れを取ることができるかです。実は磨き残しがそれなりにあるといわれています。磨き残しがあれば、それがもとで口臭が出ることがあります。フロスを使うことで汚れを隅々まで落とせるようになります。歯磨きで落とせない汚れが取れれば、においも気にならなくなるでしょう。

歯の表面を磨くか歯と歯の間を磨くか

歯磨きをするとき、歯ブラシは歯に対して平行に動かします。するとどうなるかですが、歯の表面をきれいにすることができます。表側だけでなく裏側に関しても同様に行います。山形になっているタイプだと多少歯の隙間をきれいにできることもありますが、隙間にぴったり入るわけではありません。口臭を抑えるときにブロスがいいとされていますが、歯間をきれいにするのが目的のアイテムになります。歯ブラシだと通常入り込まないところに入るので、隙間などの汚れをきれいに取れるのがメリットと言えるでしょう。タイプが異なり、より汚れをからみ取りやすくなっているタイプがあります。

両手で行うタイプと片手でもできるタイプ

歯磨きは片手で持って行います。最近は歯間ブラシと呼ばれるものもあり、こちらも片手で持って行います。さらに出てきているものとしてフロスと呼ばれるアイテムがあります。歯間ブラシはまさにブラシ上のもので歯を磨きますが、単なる糸で歯の間を磨くアイテムになります。これを歯の間に入れると、その汚れが取れるようになっています。汚れがにおいの原因になっているときは、口臭予防に役立つと言えるでしょう。タイプとしては、片手で行うものと両手で行うものがあります。前歯などは両手で行うものでしっかり行うと良いですが、奥歯などになると片手で歯の間に入れないときれいにできません。

まとめ

口臭予防をしたり対策をするのであれば、歯磨きだけでなくフロスを活用します。歯と歯の間の汚れを取るのが目的になります。歯ブラシでは汚れが取れないことが多いですが、これを使うと前歯から奥歯の歯の間の汚れを取ることができます。