口臭の原因となる食事を知っておくと、大事な会合などの前に控えることができるでしょう。にんにくやニラ等は成分が影響するので、お客さんに会う前などは控えましょう。コーヒーはいい香りですが、唾液を減らすのでにおいやすくなります。

食べ物の中にある成分が元になっている

人と会う前には餃子を食べるのを控えるでしょう。最近は餃子料理店でもある食材を抜いてくれるところが出てきています。口臭の原因になる食事としては、成分そのものがあります。ニンニクは、そのままの状態では特ににおいが強いわけではありません。しかし、咀嚼をして体内に入ると嫌なにおいに変わります。餃子にはにんにくやニラなどが入ることがあり、これらからにおいが出る可能性があります。その他キムチを食べた時にも出ることがあります。キムチ自体も食品のままだとそれほど強くないですが、食べて咀嚼をするとかなり強くなります。時間を置かないと取れないこともあります。

食べ物のそのものに一定のにおいがある

関東の人は良く食べるけども関西の人はあまり食べない食べ物があります。それは納豆です。健康にいい食品として古くから知られていますが、なぜか関西の人は食べられない人が多いです。それはにおいがあるからでしょう。納豆以外でも、チーズなども独特のにおいがあるために食べられない人は多いとされています。これらは口臭の原因になる食事の一つですが、食べ物そのものにあるケースになります。食べる前からにおいますし、口に入れてもにおいが残るのが厄介と言えるでしょう。ただ、納豆などではにおいが少ないものも出てきています。元のにおいが少なければ、食べてからもそれほどにおいません。

意外にコーヒーを飲むのはよくないとされる

コーヒーは、見た目に黒い飲み物で、以前は体に害があるとされていました。子供が苦手で大人が飲むことが多いことからも体に悪いイメージが定着していました。実際は非常に健康にはいいとされています。飲み過ぎはよくありませんが、適度に飲むと健康になれるかもしれません。ただ、口臭の原因の食事としてコーヒーが含まれることを知っておきましょう。香りが良く、飲んだ後も口からいい香りが漂います。一見消してくれることもありそうです。しかし、利尿作用があるとされています。これが唾液量を減らすことになり、飲まないときよりも早くにおうようになるとされています。

まとめ

口臭には様々な原因がありますが、食事をしたことによって発生する場合があります。にんにくや納豆が代表と言えるでしょう。納豆はそのもののにおいがするためですし、にんにくは含まれる成分が影響するとされています。