自分の口臭が他人を不快にさせているのではないのかと思うと、気になってくるでしょう。そのうえ、原因が歯周病となると、その臭いもかなりきつくなることがありますが、気にしているばかりではしょうがないので、何とかしなければなりません。そこで、自分でできる歯周病と口臭対策についてまとめたので、参考にしてください。

口臭は何が原因で発生するのか。

口臭の原因にはいろいろなものがありますが、主なものは、内臓の病気、鼻の病気、食べたものや飲んだもの、吸ったものなどによる臭い、ホルモンバランスの乱れなどです。このほか、口の中の状態が大きく影響し、虫歯や歯周病がある人は、特に注意する必要があります。これらの中でも特に取り上げたいのが歯周病による口臭で、次のような症状がある人はその兆候と見ることができます。歯ぐきから出血する、歯ぐきが腫れる、口の中が粘っこい、歯がぐらぐらする、などの症状です。このような症状が現れて、口が臭くなっている場合は、適切に対処しないと、自分も困るし、周囲にも迷惑がかかるので、早く対策を講じましょう。

歯周病になる原因となぜ臭いが出るのか。

一番の原因は歯周病菌で、この菌の中には細菌がたくさん生息しています。この細菌が生み出す毒素が原因となって、歯茎が炎症を起こし、いろいろな症状が発生するのですが、特に歯茎が炎症を起こすと、歯茎の締まる力が弱くなり、歯周ポケットができます。この歯周ポケットには食べかすがたまりやすく、それがもとになってさらに細菌が発生し、膿んで独特の臭いが生じるのです。では、歯周病菌がなぜ発生するのかというと、歯磨きの仕方がよくない、歯並びが悪い、口呼吸をするなどが原因なって、歯垢が歯にこびりつくためです。このほか、生活習慣の乱れによっても歯茎が弱くなり、細菌への抵抗力がなくなり、リスクが高まります。

歯医者さんでの治療と家庭で口臭を改善する方法

歯周病になって、口臭が発生したら、歯医者さん行くのがよく、歯石を除去してもらったり、歯周ポケットを改善したりする治療を受けてください。しかし、家庭でもできる改善方法があるので、さっそく実践してみましょう。まずは歯磨きを丁寧に行うことで、歯と歯の間や歯と歯茎の隙間に徹底的にブラッシングをするのです。これだけでもかなり歯垢は取れますが、さらに歯間ブラシを使えば、より狭い隙間まできれいになります。次に、歯磨き粉や歯ブラシの選択にも気を遣わなければなりません。できれば歯周病予防を謳った歯磨き粉を購入し、歯ブラシは柔らかめのものを使ったほうがいいでしょう。柔らかいほうがブラッシングを丁寧に行っても歯茎への刺激が少なく、傷みにくいからです。そのほか、生活習慣にも気を付け、歯茎を健康にしましょう。

まとめ

人から指摘されなければわからないことが多い口臭ですが、できれば指摘を受ける前に対策を講じておきたいところです。その対策として一番いいのは、歯周病の予防をすることですが、家庭でも実践できる方法があるので、毎日怠らないようにしましょう。