歯の周りについた歯石をそのままにしておくと、膿が出てきたり口臭を発生させます。口臭は自分ではなかなか気づきませんが膿が出ているときには酸っぱい味と臭いを発生させます。歯ぐきが膨らみ膿をだしますが、一度治っても繰り返し発生します。

歯槽膿漏が原因で出血し血の臭いから口臭を発生

歯石は歯の周りについてしまう石のように固い塊です。プラークという細菌が唾液の中にあるカルシウムやリンなどのミネラル成分と結合して石のように固い塊になってしまいます。歯石は穴の開いたスポンジ状の軽石のような塊で、ただの塊ではなく細菌がくっついたり、汚れが溜まってしまいます。歯の周りついた歯石は一度ついてしまうとセルフケアでは取り除くことが難しく歯医者での治療となります。ついたままにしていると細菌がついたままとなり、歯周病の原因となります。歯周病になると歯ぐきが腫れてしまったり、出血してしまいます。血の臭いから口臭を発生させます。歯磨きやデンタルフロスを使っている時に血がついているときには歯槽膿漏の予防の薬を使いながらセルフケアで改善していくことができます。

歯ぐきの腫れて膿が出てしまうことも原因となる

歯石が付くと歯はザラザラしてきて歯垢がつきやすく、そのまま溜まってしまうと歯ぐきが腫れて膿がでてきます。歯ぐきに膨らみができますが歯ぐきに溜まった膿の出口で、膿が多いと破れてでてきて膨らみはいったんなくなったようにみえますが、治ったわけではなくまた溜まりそして破れること何度も繰り返し起こります。口臭は膿が一番の原因となりますが膿がでていると酸っぱい味と口臭が発生しますが自分では気づかない臭いです。膿は身体に入ってきた細菌を白血球が働いたときの残骸ですが、膿そのままにしておくと臭いだけでなく内圧が高まって強い痛みが出てしまいます。腫れがひどく痛みが強いときには歯ぐきを切って膿を出します。骨が溶けてしまって歯が抜けてしまうこともあります。

口臭予防だけでなく口内環境も改善する

口臭の原因となる歯石を取り除くと口臭対策だけでなく口内環境が改善します。日本人に多い歯周病は歯を支える骨を溶かしてしまい歯が抜け落ちてしまうこともあります。歯周病の原因となる細菌は歯垢や歯石に多く含まれていて歯石をそのまま残しておくと歯周病となります。取り除くことによって歯ぐきが引き締まり、腫れや出血が収まります。淡い黄色や褐色の色をしている歯石を取り除くことによって歯が本来の白色や明るさに戻ります。取り除く方法はセルフケアでは難しく歯医者にてスケーラーという器具を使ったり、超音波振動がでる器具を使って落としていきます。また見えにくい歯周ポケットに溜まったものは出血してしまうことを改善させてから麻酔をして治療したり、さらに深いところにあるときには剥ぐ気を切開する手術を行う場合もあります。

まとめ

歯石は一度ついてしまうとセルフケアが難しく病院での治療となります。そのまま放置していると歯ぐきがあれて出血してしまったり、強い痛みがでたり、膿が発生してしまいます。取り除くことによって口内環境が改善し腫れや出血が収まり、歯の色も本来の色に戻ります。