歯科医院といえば歯のトラブルを治してくれる医療機関ですが、口臭の原因を調べてくれることもあります。調べ方としては、歯の治療やにおいの検査があります。においの検査では、においからにおっている成分を分析して行います。

歯が影響している可能性を調べてもらう

体の中で必要な部分として歯があります。子供は乳歯があり、大人になると永久歯が生えるようになります。食事をするときなどに使いますが、日常的には歯磨きなどをしてケアをします。しかし、歯磨きだけですべてのことが行えるわけではありません。いろいろなトラブルが発生している可能性があります。口臭の原因の調べ方として、歯医者で歯の状況をチェックしてもらうことがあります。歯磨きをしていると一応きれいになったように見えます。しかし、日々ちょっとした汚れが残ります。それが蓄積されると、そこから臭う可能性があるからです。歯の病気を治療することで解消できることもあります。

においそのものを測定してどこにあるか調べる

冬に息を吐くと白くなります。息には水分が含まれていて、水分以外にもいろいろなものが含まれています。お酒を飲むと、息の中にアルコールが含まれることもあります。体の中のいろいろなものが息の中に含まれている可能性があります。口臭の原因の調べ方として、歯科医院に行くときは、においを測定する機械を使うことがあります。自分の息を吹き込むと、においの成分が分かる仕組みになっています。その成分によって、どこの何がにおっているかを知ることができます。鼻でにおっただけではわからないこともありますが、機械であれば成分がわかるのでどこに問題があるかを知ることができます。

唾液の状態が正常かどうかを調べてもらう

体の中から出てくる体液として、涙や汗などが知られています。目的に応じて出てくるもので、中身はほとんど水分とされています。ただ純粋な水が体から出てくることはなく、いろいろな他の成分も含んだ状態で出てきます。その状態で正常かどうかを知ることができます。口臭の原因の調べ方として歯科医院で診てもらうことがあありますが、唾液の状態をチェックしてもらうことがあります。唾液は口の中の健康に大きくかかわり、正しい成分が十分出ていないと健康を保つことができません。成分や量を見てもらうと、唾液に問題があるのかないのかがわかります。問題があれば、治療することもあります。

まとめ

口臭は口のトラブルになるので、原因を調べるときには歯科医院に行くのが良いかもしれません。調べ方としては、歯の検診を行うことがあります。歯に病気があると、そこににおいの元がある可能性があるからです。それ以外ににおいを測定する機械などもあります。