空腹に口臭が起こる原因としては、食事をしていないからになります。食事をしていると唾液が分泌され、膵液も使われます。食事をしないと唾液が分泌されず、膵液も使われないので嫌なガスが出やすくなってしまいます。

食事をしてからの時間が経つと出やすい

通常の食事は、朝食、昼食、夕食になります。それ以外に間食などをすることもあるでしょう。昼食と夕食の間に小腹がすいたときや、夜食等を食べるかもしれません。それぞれの食事の間隔は人によって異なります。昼食は12時に取ることが多いですが、朝は6時ぐらいから8時ぐらいまで、夕食も5時ぐらいから9時ぐらいまでと幅があります。空腹の時に口臭になるとされていますが、それは食事をしてからの時間が関係しています。一見食後がきつそうに感じますが、食事中は唾液が出ています。体のにおいの原因は唾液によって消されます。食間が開くと唾液量が減る為に、においが出ている可能性があります。

胃で消化などをしているときに発生する

食事をした後、おなかいっぱいで食べられなくなります。次に食事をするのはそれなりにおなかがすいたときになるでしょう。食事をしているときは、どんどん胃に食事が送られていきます。そして胃で消化が行われています。胃で消化をするときには膵液などが分泌されますが、消化が終わったときに問題が起こります。空腹の時に口臭が出やすいのは、胃が空っぽの状態で膵液が出ることとされています。食べ物があれば、消化をする助けとなりますが、空っぽの状態だとにおいのガスが出る元になってしまいます。こちらは口が原因ではないので、歯磨きなどをしても解消することができません。

水分補給を適度に行うと解消できる可能性

食事の間隔は1日3食の間となります。人によって異なるでしょうが、その間には食べ物は胃の中に入れません。もちろん口の中にも何もない状態です。口の中や胃に何もない状態は、口臭を引き起こす原因になることがあります。空腹の時には口や胃に何かを入れることによって和らげられる可能性があります。適度に水分補給をしておけば、口の中は潤います。水分を入れた時にも唾液は出ますから、その唾液が口の嫌な菌などを殺してくれます。胃に水分が入れば、膵液からのガスも抑えられるので、そちらも解消することができます。こまめに少しずつ飲んでおくと、相手に不快な気分にさせずに済みます。

まとめ

空腹のときに口臭が強くなると言われています。これは、口の中に何もない状態であり胃にも何も状態であるからとされています。食間が開くとにおう可能性があります。水分補給をすれば空にならないので多少は問題を抑えられます。