口臭の原因として知られているのが、歯周病や虫歯など口腔内トラブルです。しかしその他にも原因があり、胃に何かしらのトラブルがあると発生する場合もあります。ではなぜ胃が原因で口臭発生することがあるのでしょうか。

消化不良起こすことで悪臭ガスが発生する

胃に送られた食べ物は、消化して小腸に送られます。消化がスムーズに行うことができれば問題はないのですが、何かしらの問題があり消化不良を起こすと悪臭ガスが発生します。多少なら発生しても大丈夫ですが、多く発生することで充満してしまい、口の方へ上がってきてしまい、口臭として悪臭を放つようになります。健康状態が良ければ消化不良起こすことがあっても悪臭ガス充満するほどにはならないので、もし発生したら病気を疑う必要があります。体調不良にプラスして口臭発生しているようなら、医師に相談して病気なのかどうかを確かめるようにしましょう。

どんな病気が消化不良を発生させるのか

病気が原因の可能性がありますので、まずは病気なのではと疑う必要があります。そこで知りたいのが、どのような病気が考えられるのかです。消化不良を起こしやすい病気となるのが、胃炎と胃潰瘍です。ストレスや食生活の乱れにより、胃炎を起こすことがあります。胃炎を起こすことで、消化がスムーズにできないようになりますので、その結果消化不良を起こして悪臭ガス発生します。胃潰瘍も同様に、胃の働きが正常にできない状態となりますので消化不良を起こしやすいです。どちらの病気も、口臭だけでなく生活に支障が出てしまうことが多いので、病院に行き治療しましょう。

改善と予防の方法はどうしたら良いのか

周りの人に嫌われないようにするためにも、予防そして改善をしていかなければいけません。どうすると改善と予防ができるのかですが、発生している時はまず医師に相談して治療をしてください。自然治癒で治すことも可能となるけれども、しかし早期改善することは困難です。早期治療が早期改善につながりますので、発生した際は病院に行きましょう。予防方法としておすすめなのが、生活習慣改善です。食生活の乱れにより病気になりやすいため、改善することが必要なのですが、それだけでは不十分です。睡眠不足や運動不足なども影響してきますので、生活習慣改善をして予防していきましょう。

まとめ

消化不良を起こすことで口臭発生するのですが、その多くが病気が大きく関係しています。乱れた食生活やストレスなどが病気にしている可能性が高いです。予防するためにも生活を見直して改善していき、状況に応じて医師に相談して治療を進めていきましょう。